みがきマイスター 6件の商品

◎磨きの名匠が作った逸品です

「みがきマイスター」とは
寛永3年(1626年)、信濃川氾濫をきっかけに農家が副業として江戸の和釘鍛冶職人から和釘作りを学び、作り始めたところから今の燕金物産業が始まりました。

近年では、洋食器製造、ステンレス加工における高い技術が評価されています。
あの某スマートフォンの鏡面加工を、燕の職人さんが手がけた事で世界的にもその高い技術が話題になりました。

新潟県三条地域振興局が新潟県県央地域のものづくりに関わる高度熟練技能者を「にいがた県央マイスター」に認定し、これらの貴重な財産を継承し、地場産業の振興に貢献するための活動を支援しています。
その「にいがた県央マイスター」に認定された職人たちの、世界屈指の金属研磨技術を、身近な食器に注ぎ込んだのが「みがきマイスター」シリーズの製品です。


検索条件

商品カテゴリ
商品名を入力

ログイン